聖パウロ女子修道会 協力者会 −ともに福音を宣教するために−

マリアに自己をゆだね祈りましょう

アガパンサス


 7月、わたしたち一人ひとりの思い、働きを聖母マリアにゆだねて祈りましょう。

マリアに自己をゆだねる祈り

師であり女王である母マリア、
師イエス・キリストの弟子として、あなたが愛し、育て、聖化し、
導かれる人びとのうちに、わたしをも受け入れてください。
あなたは、神のみ心のうちに、神に召された人たちを心にとめ、
かれらのために祈り、恵みを与え、特別に照らし、励ましてくださいます。

師イエス・キリストは、託身から昇天まで、ご自分をあなたにゆだねられました。
これはわたしにとって、教え、模範、賜物です。
わたしもすべてをあなたのみ手にゆだねます。

道・真理・いのちである師イエスをいっそうよく知り、よく倣い、
深く愛する恵みをわたしのために求めてください。
罪深いわたしは、あなたの取り次ぎがなければ、
イエスの弟子になる資格がありません。
どうか、わたしを御子イエスにとりなしてください。
霊的働きにあたり、わたしの知恵を照らし、意志を強め、心を聖化してください。

こうして、多くの恵みをよく用い、
「生きているのは、もはやわたしではありません。
キリストがわたしのうちに生きておられるのです」と言うことができますように。

           『パウロ家族の祈り』より


印刷用PDF印刷用PDF