聖パウロ女子修道会 協力者会 −ともに福音を宣教するために−

聖パウロと創立者(1)

聖パウロ女子修道会 Sr.ベルナルダ・カダヴィ

 今日は、偉大な諸国民の使徒である聖パウロとわたしたちの創立者ヤコブ・アルベリオーネ神父との間にある関係について、3回に分けてお話ししたいと思います。

聖パウロ

 この1年間、皆さんはパウロについて今まで以上に深められたことと確信しています。ここでは、パウロの生涯のいくつかの側面、いくつかの要素を取り上げることにしたいと思います。特にアルベリオーネ神父の体験とさまざまなかたちで結びあっているものについて、例えば彼らが神の無償の深い愛を体験したこと、そしてキリストとの出会いから何を受け、どのように生涯を変えられていったかについてお話ししたいと思います。

 パウロはタルソ出身の立派なユダヤ人で、ファリサイ派の人でした。律法を忠実に生きることによって、自らの力、自らの義、自らの正しさをもって神に達し、救いを得ることができると信じていました。このパウロはダマスコに向かいます。自分にとって信仰の敵とみなしていた人びとを迫害するためでした。しかし彼はそこで、これまで考え信じてきたことと全く反対の体験をしたのです。復活したイエスが彼に会いに来て、彼を包み、心に深く分け入り彼を変えたのです。パウロはこの神を感じ取ったのです。それは、自分を探し求めて来てくださる神、無償で憐み深く自分を愛し自分を救ってくださる神でした。このようにイエス・キリストにおいて神から無償で愛されていると感じたパウロは、今度は全面的に自分自身をイエスに引き渡していきます。彼は自分の生涯を要約して、「わたしは、わたしを愛しわたしのためにご自分をささげてくださった神の子イエス・キリストの信仰に生きている」と言います。

 彼はキリストの愛の深さを味わい、十字架上でこれほどの死を受けられたキリストを感じ取るとともに、この死がまさに創造的な力を持っているということ、すべてを変えていく力、すべてを創り出していく力を持っているということを感じ取りました。というもの、パウロは自分がキリストによって変えられたと感じたからです。彼は自分の人生の中にイエス・キリストの十字架の死の実りを感じ取っただけでなく、その死に現わされたキリストの愛がどれほどすべてを生み出し創りだす力を持っているかということ、しかもそれが自分にとってだけでなく、一人一人の人にとって力をもっているのだということを感じ取っていくのです。だからこそ、あれほどの熱意、すべての人にこの体験この素晴らしい力を伝えていこうとする熱意が生まれたのです。自分が実際に体験したように、すべての人がこの愛や力、自由を勝ち取ることができるためです。

 神はこのようにパウロの心に大きな愛の炎を燃やしました。それは二重の炎です。ひとつはキリストへ向かう炎、もうひとつはすべての人に向かう炎です。それというのも、すべての人がキリストと出会うことによって、速く自分の抱えている人生のさまざまな問いや自由への問い、真理への問いの答えを得なければならないと感じていたからです。ですからそれ以降パウロはもはや留まることはありませんでした。あらゆる文化、人間が抱えているあらゆる問題に自分をあてはめ続け、常に前に向かって進んでいきました。すぐにでも人がキリストに出会い、キリストに救っていただき、キリストの内に救いの答えを見出す必要を感じていたからです。そして自分が持ちうるあらゆる手段をこのために使っていきます。同時にあらゆる人びとを自分の使命に巻き込みながら、信仰の共同体を形づくっていきます。そんな中で反対者もたくさんいてさまざまな迫害に遭いますが、何ものも彼を止めることはできませんでした。

 このようなさまざまな歩みをしていくなかで、彼はすべてがキリストに相応しいということを見出していきます。そこで彼は、自分の使命は生涯をかけて自分のいのちの中にキリストを現存させることであると理解しました。ですから彼は自分のいのちのすべてを、キリストのように死に至るまでささげていきます。愛の奉献、いのちの奉献を通して自らをイエス・キリストと完全にひとつに感じるまでにささげていったのです。

 パウロは新約における最初の著作者でもありました。彼は共同体を助け支えるため、さまざまな問題を解決するため、信仰を強めるために手紙を書きました。自分が共同体に留まることができなかったので、手紙でもって彼らの信仰を強めようとしたのです。このようにして、パウロは歴史を通して今に至るまで、すべての時代のすべての人にキリストを告げ知らせてきました。特にパウロ年には、わたしたちは彼の手紙を通してキリストとの絆を感じてきているのです。教会の中の偉大な聖人たち、神秘家たち、使徒たちはすべて、この偉大な使徒パウロの手紙から霊感を受け、導かれていました。

 長い期間を経て、もう1人の偉大な使徒、すなわちヤコブ・アルベリオーネがこの世に生まれます。次回は、アルベリオーネ神父についてお話ししたいと思います。