聖パウロ女子修道会 協力者会 −ともに福音を宣教するために−

聖体訪問(聖体礼拝)1 −全存在でイエスと出会う

聖体

 イエス・キリストは聖体のうちに、道・真理・いのちとして現存されます。主は、御体、御血、御魂、神性をもって聖体のうちにおられます。主は聖櫃に住み、わたしたちをみもとに導かれます。主はすべての人を照らし、教え、温め、慰め、励ますことを望んでおられます。「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう」(マタイ 11.28)。

 聖アルフォンソ・デ・リゴリが言うように、聖体の前でする祈りは、他のどこでする祈りよりもはるかに多くを得ることができます。神は、確かに人がどこで祈ってもその願いを聞かれます。しかし、イエスは聖体のうちにおられるご自分を礼拝する者に、いっそう豊かな恵みを与えられます。

 聖体訪問を忠実に行うことによって、黙想や聖体祭儀の実りは確実なものとなります。ここで必要なことは、わたしたちの魂を師イエス・キリストとの親密な交わりのなかに置くことです。

 パウロ家族は聖櫃から生まれました。ですから、わたしたちは聖櫃からいのちを汲み続けて生き、使命を全うすべきです。聖櫃からすべてが得られます。聖櫃なしには何もあり得ません。

 聖体訪問は、わたしたちの全存在とイエスとの出会いです。
 わたしたちの存在は、
 造り主に出会う被造物。
 師イエスのみもとに行く弟子。
 魂の医者にかかる病む者。
 富む方にすがる貧しい者。
 泉から飲む渇く者。
 全能者のみ前に身を置く弱い者。
 試練のうちにあって確かな逃れ場を求める者。
 光を求める者。
 まことの友を訪ねる友。
 聖なる牧者に探し出された迷う子羊。
 道を見いだすさまよう者。
 知恵を見いだす愚かな者。
 魂の花婿に出会う花嫁。
 すべてを見いだす無である者。
 慰め主を見いだす悩む者。
 人生の指針を見いだす若者。

 また、わたしたちの存在は、馬小屋を訪ねた羊飼いたち、シモンの宴会に赴いたマグダラのマリア、夜イエスのもとに来たニコデモのようです。

 イエスとの出会いのなかのわたしたちの会話は、サマリアの女、ザアカイ、フィリポ、そして、すべての使徒たちとイエスとの間で交わされた聖なる会話の数々、特に地上でのご生涯の最後の一週間と復活祭の会話のようです。

 人は、神と人との仲介者であるイエスを訪ねます。

 司祭であるイエス、贖いのいけにえ、世に来られるメシヤ、神のみことば、よい羊飼い、道・真理・いのち、世の救い主であるイエスを訪ねます。

     ・・・(8月に続く)                    『パウロ家族の祈り』より