聖パウロ女子修道会 協力者会 −ともに福音を宣教するために−



使徒的神秘性  第6回

聖パウロ修道会 澤田豊成神父

キリストの使徒として福音を宣べ伝える

使徒 聖パウロ

共同体として実現するキリストとの一致

 パウロの中にキリストが生き、パウロを使徒としての働きへと内側から駆り立ててくださるのですが、この使徒的働きは、実際にはキリストご自身の働きです。だから、パウロはこの福音宣教の働きをとおして、キリストの働き、キリストとの一致のありようを見つめ、学んでいきます。

 キリストとの神秘的一致がパウロを使徒的働きへと駆り立てるだけでなく、使徒的働きの中でパウロのキリストとの神秘的一致が深められていくのです。それは、特に、他のキリスト者たちを巻き込むキリストとの神秘的一致として実現していきます。

 これまでも見たように、パウロはそれこそ他のだれも入り込むことのできないような、キリストとの一対一の関係を深めていきます。しかし、福音宣教の働きをとおして、他のキリスト者の中にもキリストが入っていき、この人との内的で神秘的な一致を実現なさるのを、パウロは体験し、理解していきます。

 そう、キリストはパウロと深く一致しておられるのと同じように、すべてのキリスト者と深く一致しておられるのです。パウロにとって、キリストとの関係と兄弟であるキリスト者との関係は、切り離すことができなくなります。パウロのキリストとの関係は、キリストをとおしてキリスト者すべてに影響を及ぼし、同じように、他のキリスト者のキリストとの関係はパウロにも決定的な影響を及ぼすのです。

 それは、以下のパウロのことばに見事に表現されています。「わたしたちが苦しみに遭うとするなら、それは、あなたがたが慰められ救われるためですし、わたしたちが慰められるとするなら、それは、あなた方がわたしたちも受けているのと同じ苦しみを耐え忍ぶにあたって、力を発揮する慰めがあなた方に与えられるためです」(Uコリント 1.6 なお 4.10〜15も参照)。