聖パウロ女子修道会 協力者会 −ともに福音を宣教するために−



聖パウロと創立者V

協力者と協力のかたち(4)

聖パウロ女子修道会 シスターベルナルダ・カダヴィ

聖パウロ

 これまで上げてきましたように、皆さんはいろいろな協力のかたちを通して、パウロ家族の中で燃えている炎、パウロ的精神に参与することができます。家庭においても、仕事の場でも、皆さん方の生き方そのものが、燃える炎を伝えていくようになるからです。

 皆さん方は、パウロ家族の協力者となることによって、本当の意味で使徒となります。同時に預言者、すなわち、パウロ家族から受けた光で、自分が生きている現実を照らしながら、その意味を、人びとに理解させることができるからです。パウロ家族の使命に与ることによって、「あなたがたは地の塩である。世の光である」と言われたイエスの言葉を実現するわけです。皆さん方がいるところで、その働きの中で、信仰の証し人となるのです。

 この意味で、協力してこの使命に与ることは皆さんにとっての神の賜物であると言ったわけですが、これはわたしたちパウロ家族にとっても大きな賜物です。なぜかというと、皆さんは、わたしたちが到達することのできないところに神のことばを宣べ伝えることができるので、ちょうど、広げられた手のようになるからです。
 皆さん方は自分たちの置かれた場所で、家庭で、職場で、家族に、同僚たちに、友人、知人にこの二重の炎、神への愛と人びとへの愛を灯していく者となるのです。

 今日の教会も、信徒一人ひとりの中に使徒としての意識、キリストの証し人としての意識を目覚めさせる必要性を痛切に感じています。神がいかにわたしたちを愛してくださっているか、またわたしたちがいかに神を愛しているかということを、証しする者としての意識です。

 皆さん方なしには、わたしたちは神からゆだねられた務め、今社会から求められている務めを果たすことはできません。どうか、これからも神の福音を宣べ伝えていくために、皆さんのご協力をお願いいたします。ご一緒に、神と人びとへの愛の炎を広げていきましょう。