聖パウロ女子修道会 協力者会 −ともに福音を宣教するために−



聖パウロと創立者U

ヤコブ・アルベリオーネの召命と使命

聖パウロ女子修道会 シスターベルナルダ・カダヴィ

アルベリオーネ神父

 今回は、わたしたちの創立者ヤコブ・アルベリオーネ神父についてお話ししたいと思います。
 彼は、1884年4月4日、北イタリアのサンロレンツォ・フォッサーノに生まれました。小さいときから神に惹きつけられ、12歳で小神学校に入っています。
 彼は思索の人、沈黙と祈りの人でした。神学生時代から、現実の社会について、特に歴史について敏感で、この世界がどのように発展していくのかということに強い関心をもっていました。

 また、熱心な読書家でした。読書を通して世界の進歩や発展について、また教会のさまざまな問題について学び、なんとかそれに応えていきたいと望んでいたからです。わずか2か月の間に60冊もの本を読んだと告白しています。しかしこのような読書は、同時に彼を一つの危機的な状況へと追い込んでいったのです。若者のもつ情緒的な問題だけではなく、知的面での危機へと入り込んでいきました。それで彼は神学校を退学させられました。

 16歳になったとき、彼はアルバの神学校に入りました。そしてわずか数か月後の世紀を分ける夜、他の神学生とともに徹夜で聖体の前で祈り、世界が直面している現実、教会の司牧面でのさまざまな問題や不安をささげていました。

 このとき主は、パウロになさったように、ご自身がアルベリオーネに会いに来られたのです。復活のキリストが、「わたしのもとに来なさい」という言葉をとおして呼びかけられたのです。この言葉に照らされて、彼はキリストが自分にも語りかけてくださっているということを信じました。

 「わたしのもとにあなたも来なさい。あなたのすべてをもって、すべてを尽くして。」彼は、こう語ってくださるキリストに受け入れられ、愛されていることを感じ取りました。そして、この方のみ心を行うために全面的に自分自身をささげる準備を整えていきます。
 神の愛に燃やされて、教会のため、新世紀の人びとのために、印刷の手段や時代の進歩がもたらす手段を使っていくこと、すべての人にいのちの豊かさを見いだす可能性を与えること、このために自分は準備するよう招かれている、と感じたのです。